シチューのセット価格も「驚き」の納得価格 2017年度

・科学的に証明された抗酸化成分が健康をサポートし、免疫力を維持します。 前の猫は通常食をヒルズのキャットフードを食べ続け19年の長生きだったので!このブランドには安心感を持っていましたが!今の猫はなんとなく!ロイヤルカナンにしています。ただ!値段が高いので!他の療法食の食いが悪い時だけですがね。

これっ!

2017年01月20日 ランキング上位商品↑

シチューヒルズ 猫用 尿ケア c/d マルチケア チキン&野菜入りシチュー 缶 82g【食事療法食】

詳しくはこちら
 b y 楽 天

昨年11月!ストルバイト結晶!突発性膀胱炎!尿PHが9のニャンコ(当時1歳2ヶ月)の療法食治療のため!医師の許可もあり!試し買いしました。適応:・猫下部尿路疾患(FLUTD) −結晶尿および尿石症(ストルバイト、シュウ酸カルシウム)の発生/再発の管理 −猫の特発性膀胱炎(FIC) −確定診断までの管理推奨できないケース:・成長期の幼猫、妊娠・授乳期の母猫・尿酸性化剤を併用している猫療養食なので食べてくれるか心配でしたがガッツイテます。いかにも嗜好性が高そうなシチューで、まさに「おいしさ体験」。元気になったら通常食に戻します。療法食の効果で本年1月には完治しましたが、下記に記した製品特長も満足のいくものなので、FLUTD(猫下部尿路疾患)の予防のために、今後も与え続けていこうと思っています。」との記述がある一方!「ホウレンソウは微量でもシュウ酸が含まれ!これは血中のカルシウムと結合して! シュウ酸カルシウム結石の原因になりますのでNG」との記述もあります。自身としては!信頼のヒルズ!少量を煮込んだものであり!問題ないと思っています。けれども、野菜に多く含まれる食物繊維が猫の健康に役立つこともわかってきました。野菜を与える場合は、胃腸に負担をかけないように、野菜をゆでたものをみじん切りにして、キャットフードに少量だけトッピングしましょう。・腎臓の健康に配慮して低ナトリウムです。・長期給与に適した栄養バランスです。赤いニンジン、黒っぽいホウレンソウも入っていましたが、『肉食動物の猫に野菜が必要?、有害は無いのか?』と疑問に思い、調べてみました。 ロイヤルカナンがよくなくて、膀胱炎になったのかな?通常食もヒルズにしようかな…。購入してから約4ヶ月経ってからの感想です。単価/袋:216円(税込み)代謝エネルギー:69kcal/缶−−−−−以下に、ネットで調べた本品の効能書きをご紹介特長:・ストルバイト尿石の構成成分であるマグネシウムとリンを制限しています。「人と違って野菜から栄養を取る習慣もないため、基本的に野菜をまったく食べなくても健康状態になんら問題はありません。・ストルバイト尿石が形成されにくい尿(想定pH6.2-6.4)が産生するようにミネラルとアミノ酸のバランスを調整しています。ただ、継続して与えるには高いです。与えてみた結果ですが、チキン系が比較的好きなニャンコなので、食いもよく美味しそうにガツガツ完食でした。